白髪に関するコラム

白髪はどしてなるのか?

白髪の進行は年齢によるもので仕方ないものです。
あきらめるしかないといえますが、そもそもどうして白髪になってしまうのか?
原因がわかれば対策も考えられますよね。

白髪になる原因とメカニズム


白髪対策


髪の毛が黒いのは、メラニン色素によるものです。
毛根にあるメラノサイトがメラニン色素を作ります。
そのメラニン色素が、髪の毛の中のコルテックスという細胞に取り込まれることで髪の毛は色づくのです。

年齢とともにメラノサイトは減ってしまいます。
当然のことながら、メラニン色素の生成も衰えてきます。
新しく生えてきた髪に色素を送れないので、白髪となってしまいます。

髪の悩みといえば、白髪とともに抜け毛がありますが、抜け毛は育毛剤や頭皮のケアで改善することは可能ですが、一度白くなった髪は絶対に復活はしません
白髪が抜けたあとに生えてくるのは、やっぱり白髪です。
だから気になるからと言って白髪を抜いたところで同じなのです。

女性にとって髪は命。
美しさもさることながら、黒髪であるということも重要。
どんなにメイクやファッションを頑張ったところで、白髪であれば見た目年齢はぐっと上がってしまいます。

白髪になってしまったら、あきらめるか、一生白髪染めと付き合っていくしかないのです。

少しでも白髪の進行を遅くしたいならば、普段から食生活に気をつけましょう。

白髪予防に有効な食べ物は?


白髪予防にいい栄養成分とそれらを多く含む食べ物
  • 亜鉛・・・小魚、海藻、黒ゴマ
  • 銅・・・・大豆、アーモンド、貝類

ワカメを食べると、髪が黒くなる、髪が増えるというのは本当?

ワカメを食べたからと言って、白髪が黒くなるはずもありません。
ただし海藻類には血液をサラサラにする働きがあります。
頭皮の血流がよくなれば、毛母細胞にも栄養分がしっかりと届くので髪は健やかに育ちます。
なので、海藻類が髪の毛にいいというのは本当です。



白髪に関するコラム記事一覧

白髪染めトリートメント、利尻昆布やヘナなどいろんなものが発売されていますが、どの白髪染めトリートメントでも、必ず「染まら...